華創聚智と日立ハイテクスマート製造ソリューションで協力

近年、日立ハイテクはIoT・ビッグデータ・AIやロボット等先端技術利用して、産業と企業の新たな景況を創出し、また デジタルサービスとスマートライフを通じて新たな価値観を創造しています。台湾中堅企業工場のスマート自動化を 加速させるべくTJPOは台湾日立ハイテクとの協力モデルを継続的に行ってきました。日立ハイテクと華創聚智のイン テリジェントな結びつきを促進させ、高価値な管理技術とスマートシステムが台湾産業の更なる成熟をもたらすこと を望みます。また、華創聚智は台湾のセンサー関連製品等を採用を検討しており、台湾で商品モジュール化、台湾業 者の工場にて組立統合する「Hi-AheadʼS Solution」を台湾で適用及び発展させます。

 

HitachiApexとHuachuangJuzhiMOU署名会議

 

光禾感知とPanasonic連携

TJPOは長期に渡り日本大企業と人脈関係を築きながら、台湾業者との提携機会を模索してきました。Panasonicは日 本大企業グループの一つとして、B to B及びB to Cのソリューションを含んだサービスを提供しています。2019年TJPO はPanasonicに向け、スマートモール・スマートステーションでの室内ナビゲーションソリューションを共同で開発す べく、台湾における室内定位業者の光禾感知との協力を提案しました。

光禾感知は台湾のベンチャー企業であり、開発したVBIP室内定位及びナビゲーションシステムはAIによりコンピュー タヴィジョン及び地磁気フィルタ技術を統合し、GPS信号が無い環境下で高周波設備或いはセンサー機器を必要とせ ずに室内定位及びナビゲーション技術の実現に成功しました。この技術はタイのBTSグループからも好評を得て、将 来的に200ヶ所のステーションに本室内ナビゲーションシステムを購入・導入する予定です。松下グループが開発した LinkRayは光通信技術は、光源を通して情報伝送を行い、ユーザーはスマホのカメラレンズを光源に標準を向けるだ けで、商店・商品などの情報を入手する事が可能です。今回の協力はLinkRay及び室内定位技術の日台双方による室 内ナビゲーション統合ソリューションの共同開発が主な計画です。当該ソリューションは「Panasonic 2019年度統合ソ リューション新商品展示館」にて初披露しました。

広川センシングPanasonic交換会議
 

 

日台スマート医療介護サービス推進の総合ソリューション開発を共同で推進

TJPOは長期に渡り日台の重要産業分野の趨勢に関心を寄せてきました。日本内閣府が2018年に提言したSociety5.0 はデータ駆動型社会へ大きく変革を与えるものでした。超高齢化社会において関連政策も医療・介護現場の声に応 える傾向にあり、ICT・AIや5G等の先端技術を応用したソリューションや設備・小型及び軽量化した家庭見守り製品、 及びウェアラブル装置等に見られるよう、多くの日本の医療及び大手テクノロジーメーカーが積極的に市場の見極め 及び協力パートナーを探し求めています。

このことを鑑みて、TJPOと台湾産業協会は協力して、台湾業者をハード/ソフトウェアと総合的に結びつかせつつも、 日本ALLM INC.スマート医療クラウドプラットフォームを促進させると共に、信東バイオテクノロジーの医療関連ルー ト・永信薬品工業の薬品関連ルート・秀博医療体系の病院関連ルート・晶祈バイオテクノロジーの人工網膜・士通テク ノロジーの心臓治療ソリューション・叡藝實業のスマート病床介護ソリューション等といったような台湾メーカー製品 或いはサービスとも結びつけました。更には「日台スマート医療介護サービスシステム」ソリューションを構成し、 MOU調印にまで至りました。今後は上述した各企業が台湾にてスマート医療サービス会社を合資設立し、台湾クラウ ドスマート医療の開発計画及び成功案例の実現させるべく、医療環境を改善並びに医療ソリューションを立案し、第 三国市場へ進出します。

日台企業がテーマ性のある協力を通じ、組織同士の交流が更に深まり、一丸となった協力体制を確固たるものにしつ つ、従来とは異なる双方企業交流ルートと協力モデルの多元化により更なる拡大が望まれます。そのことにより台湾 メーカーがさらに多くの技術及び実務経験を得て、台湾の技術及び産業全体のアップグレードを促し、日本企業と手

 

ALLMと台湾スマートエレクトロニクス台湾と日本の協力調印式 ALLMと台湾スマートエレクトロニクスの協力のための調印式での台湾代表によるスピーチ

 

康那香とTotal Care Systemの提携案

日台産業連携推進オフィスは長期に渡り日本地方の地方産業組織の台湾に対する連携を支援してまいりました。 2017年から日本の九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)と共同連携を始め、台湾の5+2産業政策の循環型経済 を推進するべく日台双方による提携を行ってまいりました。協和機電と康舒テクノロジーによる水処理設備提携案・ System JDと光宇材料による太陽エネルギーのソーラーパネルリサイクル提携案等、エネルギーや資源の再利用を 通じて、産業発展の様式を線型経済から「資源永続性」を目指す循環型経済へ転換させます。

Total Care SystemはK-RIPの会員企業の一社で主にリサイクル技術を開発しており、オムツ・ナプキン等の使い捨て 製品をパルプ・土壌改良剤や固体燃料等へ分解し、最終製品として循環再利用を実現しています。現段階で日本九州 地方において多くのリサイクル実績を有しており、TJPOは2019年2月、台湾の大手不織布及びオムツメーカーである 康那香公司が日本へ赴きTotal care systemを訪問する際の支援し、提携可能性に関する意見交換を実施しました。 双方がお互いに対する理解を深めたことが功を奏し、6年にも渡る協力計画の画策が実現しました。始めに台湾オム ツリサイクル産業環境のF/S分析を行い、続けて合資会社設立及び台南にて実証拠点建設を計画しました。将来的に は台湾当地の介護施設との小規模実証及び試作生産を結合させ、台湾が生産拠点になるような商業モデルを計画し てグローバルな進出を目指します。


コンノートとTCS MOUの調印式