Sony Taiwan Day & Sony Mobile Taiwan Day

2000年に台湾法人を創立してから、ソニーグループは台湾産業界と多方面における交流と連携を続けて来ました。 積極的に台湾現地生産の部品等を調達し、総金額が100億米ドルに達し、台湾をソニーグループのグローバルサプラ イチェーンで最も重要な一員としました。

長年に渡り信頼関係を築いたため、TJPOは2013 年に「Sony Taiwan Day」というイベントを開催しました。今までとは 違い、ソニーとビジネス関係を持たない企業でも参加できます。業務用ビデオカメラ、デジカメ、ノートPC、スマホ等 の業者が一堂に集まり、ソニーと一緒に新たなビジネスモデルや商品開発について議論を展開しました。

また、スマートモバイル装置のブームに乗り、台湾ICT産業の実力もあり、TJPOはソニーをサポートし、2015年・2016 年に提案型商談会 「Sony Mobile Taiwan Day」の開催に成功しました。次世代スマートモバイル装置のイノベーショ ンや技術と応用サービス方面における台湾業者との連携を進めました。その中で、盛群半導体とソニーモバイルは、 産業連携LOI締結を達成し、新たな商品開発において指紋認証機能の運用を進め、さらに2019年にはソニーモバイ ルの神盾半導体(egis Technology)への調達連携を成立しました。この商談会は参加した台湾企業とソニーからも高 い評価を受けております。

台湾ICT技術とソニーの国際ブランド力を結合することで、協力モデルの成功を続々と創出し、両者が共同で次世代 商品開発、東南アジアの新興市場の需要を把握して、市場への参与を促進します。

 

2013年Sony Taiwan Dayライブミーティング 2016年Sony Mobile Taiwan Dayマッチメイキングミーティング

 

 
Panasonic Taiwan Day

TJPOは研究開発や生産、マーケティング等の日台産業チェーンの上流下流関係の深掘りをサポートするほか、AIoT や5Gの新興技術がもたらした各種分野を超えたスマート応用連携の機会を模索しております。

2018年のアジア・シリコンバレー推進計画等に合わせて台湾のスマート電子業者とグローバルメーカーの連携をサ ポートし、企業間競争のアドバンテージを構築します。TJPOとスマートエレクトロニクス産業推進オフィス(SIPO)は未 来のトレンドであるAIoTやスマートカーエレクトロニクス分野を対象に、2018 Panasonic Taiwan Dayを開催しました 。業者に対するパナソニックグループのサプライヤーチェーンへの参入サポートを通して、台湾イノベーションの研究 開発力とパナソニックグループの先進技術及びグローバルブランドのメリットを繋ぎ合わせ、共同で未来のスマート カーエレクトロニクス市場の主導権を獲得します。

 

2018年Panasonic Taiwan Day活動かんばん 2018年Panasonic Taiwan Dayメーカー間の温かい交流 2018年Panasonic Taiwan Day現場で