日台OB会ネットワーク

日台産業の連携を推進していく中で、日本の各企業で台湾に駐在している方々もしくは対台窓口の方々は、台湾を離 れても台湾に対する友好の想い、そして日台産業の連携を推進したいという熱意を引き続き持っているということを、 TJICは深く感じました。そこでこのような貴重な人脈を活かすことができるように、2007年にTJICは「日台OB会ネット ワーク」を設立いたしました。日台OB会ネットワークはボランティア団体であり、2020年の時点でメンバーは360人を 超えております。

2012年に台日産業連携推進オフィス(TJPO)を設立したTJICは、毎年日本にて1~2回の交流会を開催しております。日 台OB会ネットワーク会員、日本企業の各界人士などを招き、台湾政府高官や産業界も参加して、そこで台湾政府の重 点政策方向、産業の趨勢、将来の推進方向や日台の連携成果など重要な情報を伝えております。同時に日本の産業界 との先進的な意見交流を通じて、日本産業の新たな発展について把握し、異なる視野での開拓発展を目指し、日台連

 

日台OBネットワーク2007年設立,最高顧問安藤国威(元Sony 社長兼元COO),会長峯岸進(元台湾Sony董事長),副会長高杉春正(元台湾TDK董事長),副会長揚原浩(元台湾富士通董事長),関西地区会長松本光司(元台湾双日董事長)

 

日台OB交流会in関西メンバーの集合写真日台OB交流会熱心な参加

 

日台OB交流会会長スピーチ日台OB交流会in関西副大臣曾文生によるスピーチ日台OB交流会in関東副大臣曾文生によるテーマ共有